PCトーカー, Windows, スクリーンリーダー

PCトーカーを動かすのに必要なパソコンのスペック

今回は、pcトーカーシリーズを動かすのに必要な、pcのスペックについて解説します。

1. ストレージ

ストレージは、迷わずSSDを選択しましょう。

SSDはHDDに比べ、読み書き速度が圧倒的に早いので、

pcトーカーの起動を早くすることができます。

PCトーカーのサイズは、特別大きくはないので、

要領については、大容量でなくても、問題ありません。

2. メモリ

メモリについては、8GB以上を強くお勧めします。

私が初めて買ったpcは、メモリが4gbでした。

メモリが4GBのpcは、

pcトーカーとchromeを立ち上げただけで、動作が重たくなってしまいます。。

メモリが8gb以上のpcは、それなりに高価ですが、

安物買いの銭失いにならないように、妥協してはいけません。

3. CPU

CPUは、様々なモデルがあるので一概には言えませんが、

4コア以上のモデルが絶対条件だと思います。

コア数とは、作業人の人数のようなものを表しており、

4コアの場合は、

一人はWindows担当、

一人はpcトーカー担当、

あとの二人がその他のアプリケーション担当

のようになると思います。

つまり、2コアでは人手不足になり、

処理速度が劇的に遅くなってしまうというわけです。

また、コア一つ一つの能力もモデルによって異なります。

能力が十分だといえるモデルは、IntelのCore i3以上、

もしくはそれに相当する他社製CPUになると思います。

最後に

ストレージはSSD、

メモリは8GB以上、

CPUは4コア且つCore i3以上。

以上の項目を踏まえれば、

pcトーカーが快適に動くpcを手に入れられるはずです。

ぜひ、適切なモデルを選んで、

楽しいpcライフをお過ごしください。

PCトーカーをチェックする

2 thoughts on “PCトーカーを動かすのに必要なパソコンのスペック

  1. 誤字の指摘を申し上げます。
    ・1と3の見出しがかぶっています。おそらく1は「ストレージ」で、3が「CPU」ですよね。
    ・見出し1の「ストレージハ、迷わずSSDを選択しましょう。」の部分で、「ストレージハ」の「は」の字がカタカナになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です